読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分を生きる

主に直感日記。日々の暮らしの中の美しいことや楽しいこと。

花が好きです。 束ねたり、飾ったり、眺めたり 触ったり、香りを嗅いだり、声をかけたり。 花を愛でる人のしぐさも好きです。 花は命そのもの 只々今に生きていて 蕾が開くところから枯れるところまで 命のサイクル、リズムを見せてくれます。 可憐だなと思…

ゆるむの体感

朝ぼーっとしていたらこんな言葉が浮かんできました。 「そもそも許されているのだから、何をやってもいい すべて自然 思うことも自然」 つまり 内側からの湧き起こりは全て 肯定に値するものだと。 このとき突然、豪快な安堵に包まれ 体がゆるんでいくのを…

節目に起こること

街中で偶然友人に遭遇するとき、 そして更に、お互いにたまたま時間があって、少し話をすることができるとき だいたい相手は 今のわたしに必要な言葉をわたしに話し出します。 今日もそういうことがありました。 それはもう 見事に的確な、わたしへのアドバ…

変化は愛

生きていれば、変化があります。 変化は、新しい景色を見せてくれます。 いま、たとえ 何一つ動いていない、動く兆しもない、 と感じる景色が目の前で繰り広げられているとしても、必ず何かは変化している。 変化は、それがどんな景色でも、愛です。 昼間は…

わたしはわたしのことを

良い詩に出会いました。 「ゲシュタルトの祈り」 私は私のことをしますあなたはあなたのことをしてください 私が生きているのはあなたの期待に応えるためではありません あなたもまた、私の期待に応えるために生きているのではありません あなたはあなた、私…

体の向く方に従ってみれば

今朝は 目覚めからわりと力が余っていたので いつもの出勤時間より早くに外に出たくなりました。 最近は寝ても寝ても眠い日が続いていたので 珍しいな、と思いつつ。 そして 最近なんとなく気が乗らなくて行っていなかった、 通勤途中にある、ある決まったス…

自分のdelight収集

自分のdelight(=喜び)に 素直に素直に。 それは人生の景色となる。 わたしのdelightはなに? 思考が過去や未来彼方に行ったら この質問を繰り返しています。 自分の中心に戻してくれます。 delightという言葉には なにか 喜び、という意味以上に 満足とい…

存在が救ってくれること

わたしは今日 体調が優れなくて 仕事中胸が痛くなり始めて落ち着かなくなりました。 どうしようかな と密かに困っていたら 通路挟んで横の席の女性、妊娠してる彼女が席についた瞬間、とても楽になりました。 その女性は普段からとてもリラックスしていて マ…